TOP > 木更津看護学院について
木更津看護学院について

学校長挨拶

大日方校長

学校長 重城 利國

木更津看護学院は、昭和15年に創立された、卒業生2,900人を超える長い歴史と伝統のある准看護師課程の学校であります。

現在、わが国は世界一の長寿国となっていますが、それに伴い医療、介護、福祉に携わる人材(特に看護職者)に対する要望はますます拡大しています。 看護職者の活躍する場面は限りなく広がり、質の高い看護の提供が求められています。

自らの意思次第で実現できる夢を追って、強い向学心と日々の努力を怠ることなく(継続は力なり)、どうぞ初志貫徹の意気込みで突き進んでください。

学校側といたしましては、貴方たちの夢が実現出来るように、又見事資格試験に合格して、地域医療、救急医療の場で活躍される姿を思い描きつつ、 校長をはじめ、教員一丸となって、心より応援したいと存じます。



木更津看護学院の沿革および君津・木更津地区の特色

昭和15年木更津助産婦看護婦学校として、当時の木更津在住医師により構成されている杏林会が設立、 運営に当たり10年間に助産婦116名看護婦200余名を養成、昭和26年の保健婦助産婦看護婦法一部改正の准看護婦制度新設に伴い、 昭和27年より郡市医師会立木更津准看護婦学校となり、以来現在に至るまで、当地区唯一の准看護師教育施設として、地域の看護師不足に貢献してきました。

昭和56年度より専修学校として認可を受けたことにより教育環境をさらに整え、内容を益々充実させ、有能な准看護師を育成することを目指してきました。

平成13年の保健婦助産婦看護婦法一部改正に伴い、平成14年度より木更津准看護婦高等専修学校から木更津准看護師高等専修学校に名称変更となりました。

平成19年度には看護師2年課程(通信制)が開設され、木更津准看護師高等専修学校から木更津看護学院に名称変更となりました。

平成2年には創立50周年を迎え、これを期に卒業生の同窓会も結成されました。

木更津看護学院外観

平成9年度には、長年の夢であった東京湾横断道路(アクアライン)も開通し、首都圏からの距離も近くなりました。
かずさアカデミアパークには日本最先端DNA研究所があり、その周辺には自然環境を活かした学術・芸術の施設も設けられております。 今後近代都市としての発展が期待されているところです。


平成27年度3月をもって、看護師2年課程(通信制)は7期生の卒業生を輩出し、閉課となりました。

教育理念

豊かな人間性と、看護実践者に必要な基礎的能力を養い、
責任と誇りを持って地域社会の健康ニーズに貢献できる看護専門職業人を育成する。

木更津看護学院 施設紹介

木更津看護学院の施設は平成19年に新設され、明るく清潔な環境で学習ができます。


教室 実習室
教室 実習室
図書館 学生ホール
図書館 学生ホール

木更津看護学院 年間行事

4月 入学式 10月 学生合同行事
4月 入学式 4月 学生合同行事
7月 オープンキャンパス 12月 戴帽式
7月 オープンキャンパス 12月 戴帽式
3月 卒業式
3月 卒業式
准看護師課程募集 資料請求